Lvpin LP-2020A+ (Tripath TA2020-020)

Lepai デジタルアンプ LP-2020A+ Tripath TA2020-020
に味をしめてまた買いましたね。予備が欲しくてAmazonを検索したらグレードアップして新登場とあるので取り寄せてみました。

この時点でまだ誰もレビューを書いてなかったので恐る恐るの購入。今度は電源アダプター同梱で2,980円。外見はメーカーロゴ以外は全く同じに見えます。




この基板をみても素人の私にはサッパリですが(^^ゞ本当にこんな素子を使ってるならかなり良さげでは有りますが。特殊なアーレンキーのような工具がなければ開けてみることが出来ません。知り合いが別の機種ですが開けて壊してしまったようです。(・・;)。
Amazonのイメージ


こちらが私のもの。本当にTripathのチップ載ってました。他の素子もAmazonの写真と一緒でホッとします。
       






早速入れ替え視聴。 Ta2020のノイズの少なさ・分解能は元来誰もが認めるところ。しかし
高級アナログアンプに比べると何かしら音楽的なもの足りない気がするのは何故?
聴感上は細く寂しく音量が小さくなったような気がするのは何故?

 実はアナログアンプには少なからず歪ノイズがあります(アンプの音色と言ったりします)。ノイズと音楽を混ぜて聞いているわけです。この歪ノイズをとるとどうなるのか。
寂しくなります。
静かになります。

そこで音量を上げると
ノイズが伴わないので煩くは ならない
情報量の多さに驚く

 立ち上がり・解像度 ・音場感 ・ダイナミックレンジ・周波数特性  全てがレベルアップしていることに驚きます。本当に素晴らしい。少なくても将来、音楽を聞くために200,000万円もするアンプを買うことは2度とないでしょう。 因みに出力だか入力かは不明ですが左右逆になってました。私はRCAを左右逆に接続して使ってます。



Good point
・ Ultra Hi-CP Lepaiよりワンランク上の音質

Bad point
・入出力の左右が逆 電源スイッチングノイズ
・高分解能=原音再生とは限らない



参考リンクhttp://niconico.uiui.net/1_right_TA2020-020.html





追記 2018年2月7日
LepaiとLvpin 蓋を開けてみました。Lvpinはこの他にもう2台あります。それをメインで使っています。実は同じブランドの同じものですが聴き比べると全て音が違います。

更に音の良い筈の、Lvpinのがチップがかなり傾いて着いています。ヒートシンクは浮き上がって見えます。4台とも全て傾いています。音質がいいので文句はいいませんがスッキリはしません。

横からみるとこんな感じ。シルバーのがヒートシンク30度は傾いていそう。ヘタに押してチップの足が折れたら悲しいのでこのままで我慢します。

追記 2017年11月27日
Tripath ta2020  を使っていたとしてもケースを開けて確かめない限り真偽は不明。

更に、Tripath ta2020 を使っていたとしても フィルターやコンデンサーなどの他の素子の品質が悪ければいい音はしません。

少々値段が張っても、中身が分かる日本の製作販売会社から入手するのが間違いのないところだと思います。

追記 2016年12月21日
値段が安いので故障だけが心配ですが二箇所で4台使ってますがまだ故障してません。古いソースを出しては感動の繰り返しの日々・・・。

追記 2015年3月15日
何やらAmazonでは凄いことになってますね。売り切れ・偽物騒ぎ・価格高騰など。念のために私が買った注文履歴をコピペしておきます。






注文の詳細注文日: 2014年4月6日 (1個の商品)


Lvpin by Caiyun SGY-NET Package

販売: SGY-NET LLC,




注文の詳細注文日: 2013年10月2日 (1個の商品)







注文の詳細注文日: 2013年9月14日 (1個の商品)


Lvpin by Caiyun SGY-NET Package

販売: ドンピ.ポーテ?







以上です。現在もなんの故障もなく活躍しています。




追記 2015年3月9日


今、Amazonのサイトを見てみたら「11,980円で1台出品者」のみ1台しかありませんでした。私は確か2千円台で買ったので、びっくりです。現在4台使ってますが、何れも何の故障も以上もなく使えてます。なんて書くと、また「サクラじゃないの?」とか言われたりするのね。Tripathのチップは中古の使い回しかもう無いわけですから、高いものは買わないほうが利口でしょうね。



追記 2014年4月8日

遂に、3台目購入。店のBGM用です。SANSUI D907EXTRA 198,000円だったかな?交換です。此処に来てAmazonのレビューをみると欠陥商品を買ってしまった人が少なく無いようで残念です。私もそろそろハズレるかなと恐る恐る接続してみましたが、セーフで実にいい音。もしかしてシルバーとブラックで製品違うとか?私はシルバー3台買ってます。もしかして、ソース→アンプ→スピーカーのケーブル接続方法を今時の人は知らないのかな。ステレオプラグとかジャックをどこかの穴に差し込んでたりして。(-_-;)





追記 2014年3月1日

安いから予備にもう一台買いました。暫くして、ただ寝かせておくより使ったほうがいいと思い左右独立を思いつきました。→Lvpin LP-2020A+ の2台同時使い



追記 2013年12月4日
エージングが進むのでしょうか、益々好調です。特に低音の伸び良く、トーコントロールやグラフィックイコライザーなど一切使っていませんが、小音量でも重低音から超低音まで豊かで伸びやか。値段が値段なので何らかのトラブルは覚悟していたのですが全く無いですね。これ日本で作るといくらになるのかと考えてしまうがこのチップがないと不可能なんでしょうね。







このブログの人気の投稿

ドリップコーヒーに蒸らし革命!

チューブを出さずに 空気漏れ チェック

内窓 DIY プラダンでいいよ